日立製作所野球部2022  ”本気で獲れ”

試合の中継動画や速報をお届けいたします

和久井監督、大塚選手、豊田選手 試合後インタビュー【1回戦】

time 2021/11/30

和久井監督、大塚選手、豊田選手 試合後インタビュー【1回戦】

投打がかみ合い4-0で雪辱を果たした日立製作所ナイン。試合後のインタビューをお届けします。

和久井勇人監督です。
大応援団の後押しがあるこの空間で勝つことができ、最高。大会前の5試合のオープン戦で、豊田、大塚を中心に調子を上げてくれた。ヤマハの先発は、九谷君がくることも想定はしていた。ただ、球の出所が見えづらいフォームで、けん制もうまいので嫌だなとは思っていた。バッターは変化球を捨ててしっかりと振っていけたと思う。(六回無死一塁から中継プレーで相手の生還を阻止したプレーは)1点与えれば相手に流れが行ってしまう場面でよく抑えてくれた。2回戦もしっかりと対策を練り、勝ちに行きたい」と話しました。

2本のホームランを放った主将・大塚直人外野手です。
「(1本目のライトへのホームランは)外角のカットボール。1打席目の併殺打はチェンジアップを振って狙い通りに打ち取られたが、2打席目でしっかり対応できた。(2本目のホームランは)相手の近藤均投手は経験値のある好投手なので、ストライクは積極的に振っていく意識だった。打倒ヤマハという気持ちより、チャレンジャーとしてぶつかっていった結果、勝てたのだと思います。次も変わることなく、一戦一戦集中して臨んでいきます」と、ほっとした声で話してくれました。

五回に2ランホームランを放った豊田寛外野手です。
「1打席目にセンター前ヒットを打てたことで、気持ちの面で乗って行けた。1番打者で流れを持ってくるのが自分の役割なので、あのヒットで勢いづけられたと思う。ホームランは外角のカットボール。積極的にいった結果。(ベンチでの「ガオー!」のポーズは)ドラフト指名されてから、チームメートが考えてくれた。昨年悔しい思いをした分、ヤマハを相手に勝てたことはうれしいです。でも、まだ1回勝っただけ。チームへの恩返しは優勝を成し遂げてこそだと思っています。次も1番打者として、良い流れを作ります」と力強く話しました。

down

コメントする




スペシャルムービー

最近のコメント