日立製作所野球部2020「Challenge and Enjoy」

試合の中継動画や速報をお届けいたします

注目選手紹介:
守備で魅せる野中内野手
今季4番、右の大砲森下内野手

time 2020/11/19

注目選手紹介:<br> 守備で魅せる野中内野手<br> 今季4番、右の大砲森下内野手

本日の選手紹介は、守備で魅せる野中内野手(29歳)と、4番に座る大砲・森下内野手(26歳)です!

■野中祐也(のなか・ゆうや)内野手
 抜群の野球センスと身体能力で、見る人をいつも楽しませてくれます!
 最大のセールスポイントは、何と言ってもその守備力の高さ遠投110㍍の強肩と50㍍5秒台の走力があり、遊撃手として守備範囲が広いのが、野中選手の特長です。

 機敏なフットワークで打球に対する反応も早く、捕球してから送球するまでのスピードも抜群。ファンの皆様も、抜けそうな打球をキャッチし、即座に送球して相手を仕留める、目の覚めるような好プレーを何度も目にされたことと思います。
 
 打撃面でも、俊足、巧打が持ち味の不動の1番打者。ミート力があり、ボールに逆らわず左右に打ち分けるほか、選球眼にも定評があります。出塁すれば積極的な走塁も楽しみな選手です。
 
 国際武道大では主将を務め、3年時の春秋のリーグ戦連覇に貢献。三塁手で1度、遊撃手で2度のベストナインに選ばれました。素質を高く評価され、入社1年目からレギュラーとして活躍。リードオフマンとして打線の火つけ役となり、堅守で投手をもり立ててきました。都市対抗でも、攻守の核としての活躍が期待されます!
 
 
■森下翔平(もりした・しょうへい)内野手
 今季から4番に座る右の強打者は、身長180㌢、87㌔の恵まれた体格から左右に長打を放つ、パワフルで頼もしい打撃が魅力です!

昨年の都市対抗で力強いバッティングを披露した森下選手

 森下選手と言えば、東海大相模高時代から大活躍。
 2年の時、当時3年生で、その後日立製作所からプロ入りした菅野剛士選手(現ロッテ)、田中俊太選手(現巨人)らとセンバツに出場しました。森下選手は準決勝で強豪・履正社(大阪)を相手に満塁本塁打を放ちます。
 試合後に「多い時は1日1000回、バットを振ってきた」と語った努力の人・森下選手は、このセンバツで計8安打、打率3割8分1厘をマークし、11年ぶりの全国制覇に貢献しました!
 
 東海大でも1年秋から5季連続リーグ戦制覇を成し遂げ、3年春には首位打者のタイトルを獲得。ベストナインを3度受賞と華々しく活躍します。

 日立製作所では打撃センスの良さと思い切りの良いスイングを買われ、入社1年目からレギュラーで起用。昨年の都市対抗本大会、準々決勝・NTT西日本戦では2−2の同点で迎えた六回裏、センターの左に値千金のソロアーチ!これが決勝点となり、チームをベスト4に導きました。
 今年は主砲として自らのバットでチームを勢いづかせます!
 
 頑張れ日立製作所!野中選手、森下選手の活躍が楽しみな都市対抗本大会は22日(日)に開幕!日立製作所の初戦は11月27日(金)午前10時~。相手はヤマハ(浜松市)です。
 試合はこのサイトでも動画で中継いたします。
 東京ドームで、ご自宅で!皆さんの力を結集し、チームを後押しいたしましょう!
 

 *選手の年齢は2021年3月末時点

down

コメントする