日立製作所野球部2020「Challenge and Enjoy」

試合の中継動画や速報をお届けいたします

注目選手紹介:吉田幸一朗外野手 ムードメーカーは打撃も絶好調!

time 2020/11/13

注目選手紹介:吉田幸一朗外野手 ムードメーカーは打撃も絶好調!

 
 
 本日の注目選手は、今季絶好調のこの人、吉田幸一朗(よしだ・こういちろう)外野手(29歳)です。

https://www.hitachi.co.jp/sports/baseball/senshu/player/gaiyashu/index.html
 
 身長189㌢、体重101㌔!
 チーム一の巨漢は、打席に立つだけで相手投手に威圧感を与えます。
 
 思い出されるのは昨年の北関東大会第2代表決定戦。相手は、その前の試合でSUBARUを破った新興のエイジェックでした。
 負ければ2年連続で本大会出場を逃すことになる大一番。2―2で迎えた二回表、1死無走者の場面で吉田選手に打席が回ります。
 バットを構えた吉田選手。積極的に初球を狙い打つと、打球は右翼席へ! ソロ本塁打をたたき込みました。
 これが決勝点となり、チームは東京ドームへの切符を手にしました。
 
 吉田選手と言えばこのように、豪快なフルスイングによる一発のイメージが強いですが、実はチームワークと「つなぐ野球」を最優先にする選手です。


 それがよく表れたのが、北関東大会の日本製鉄鹿島との第1代表決定戦。
 日立製作所は二回、1死から連打と死球で満塁のチャンスを迎えます。ここで打席には吉田選手。高めに浮いたチェンジアップを中前へとはじき返しました。
 この場面を吉田選手は「自分が決めようとは考えず、後ろにつなぐ意識だった。皆が打たせてくれたタイムリー」と振り返ります。実際、このあと2死から野中選手もタイムリーを放ち、単打4本で2点を先取しました。和久井監督もこの試合を「ナイスゲーム。全員が一丸となって戦えた」と評しています。
 なお、吉田選手は北関東大会の初戦でも2安打2打点と大暴れ。大活躍が認められ、この大会の最高殊勲選手に選ばれました
 
 そして、東京ドームではベンチでの吉田選手にもぜひご注目ください。いつも大きな声で仲間を鼓舞しています!
 
 チームのムードメーカー・吉田選手のつなぐ一打、豪快な一発が楽しみな都市対抗本大会。日立製作所の初戦は11月27日(金)午前10時~。相手はヤマハ(浜松市)です。
 試合はこのサイトでも、動画にて中継予定です。
 球場で、ご自宅で!皆さんの力を結集し、チームを後押しいたしましょう!
 
 
 *選手の年齢は2021年3月末時点。
 

down

コメントする